今話題の♪






いらっしゃいませ♪

FC2カウンター

ブログランキング

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


AMAZON

カテゴリー

ジョニーデップ 出演作

最近のコメント

最近のトラックバック

月間ページランキング

ブログパーツ

メロメロパーク

TSUTAYAでレンタル

安く買うならここ!

映画館紹介

PR

マイサイト

お気に入りリンク♪

お気に入り映画♪

記事一覧

★あ行★★★★

アイアムレジェンド

アイスパイ

明日の記憶

アップルシード

アダムス・ファミリー

アダムス・ファミリー2

アメリ

アリーマイラブ

イーオン・フラックス

妹の恋人

犬神家の一族

イルマーレ

インタビューウィズヴァンパイア

インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説

イン・ハー・シューズ

インビジブル

ウェディング・プランナー

ウルトラバイオレット

運命の女

X-ファイル ザ・ムービー

X-MEN

X-MEN2

X-MEN ファイナル ディシジョン

エド・ウッド

L change the WorLd

大奥

オーシャンズ11

オースティンパワーズ ゴールドメンバー

オペラ座の怪人

オーメン666

オリバーツイスト


★か行★★★★

崖の上のポニョ

風の谷のナウシカ

仮面の男

ガール・ネクスト・ドア

危険な遊び

キッド

CASSHERN

キャットウーマン

嫌われ松子の一生

ギルバートグレイプ

キャスパー

クイーンオブザヴァンパイア

クロサギ

グリーンマイル

紅の豚

ゲゲゲの鬼太郎

ゲド戦記

下弦の月ド

恋は邪魔者

皇帝ペンギン

50回目のファーストキス

コーヒープリンス1号店

コープスブライド

コールドマウンテン

コンスタンティン


★さ行★★★★

THE 有頂天ホテル

サウンドオブミュージック

さくらん

ザスーラ

座頭市

サンキューボーイズ

幸せになるための27のドレス

シークレットウインドウ

CSI:5科学捜査班

CSI:科学捜査班 マイアミ

CSI:ニューヨーク

四角い恋愛関係

シカゴ

シークレットアイドル ハンナモンタナ

シザーハンズ

シックスセンス

死ぬまでにしたい10のこと

SHINOBI

下妻物語

シャーロットのおくりもの

ジョーブラックをよろしく

シンシティ

真珠の耳飾りの少女

スウィーニー・トッド

スコーピオンキング

スターウォーズエピソード1/ファントムメナス

スターウォーズエピソード2/クローンの攻撃

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

スターダスト

スタンドバイミー

スパイダーマン

スパイダーマン2

スパイダーマン3

スーパーマンリターンズ

スリーピーホロウ

SEX and the CYTI

SEX AND THE CITY

007 ダイ・アナザー・デイ

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

千と千尋の神隠し

千年女優


★た行★★★★

ダヴィンチコード

TAXi3

TAXI NY

ターミナル

ターミネーター2

ターミネーター3

チャーリーズ・エンジェル

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

チャーリーとチョコレート工場

デスパレードな妻たち

DEATH NOTE デスノート

DEATH NOTE デスノート the Last name

デビルマン

天空の城ラピュタ

天国の階段

電車男

デンジャラス・ビューティー

デンジャラス・ビューティー2

トゥルーマン・ショー

時をかける少女

ドクター・フー

となりのトトロ

トリック 劇場版

トリック 劇場版2

どろろ

ドリームガールズ

トュームレイダー

トュルーライズ


★な行★★★★

ナイトミュージアム

ナイトメアービフォアクリスマス

ナショナルトレジャー

ナルニア国物語

200本のたばこ

猫の恩返し


★は行★★★★

パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト

パイレーツオブカリビアン 呪われた海賊たち

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

ハウルの動く城

バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー2

バック・トゥ・ザ・フューチャー3

8人の女たち

バットマン

バットマン リターンズ

バットマン&ロビン~Mr.フリーズの逆襲!!~

バットマンビギンズ

花よりもなほ

パニックルーム

パフューム

バブルへGO!!

ハリーポッターとアスカバンの囚人

ハリーポッターと賢者の石

ハリーポッターと秘密の部屋

ハリーポッター/不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

バンビ

バンビ2

ビッグフィッシュ

ピーター・パン

ピーターパン2

HERO

HEROES シーズン1

ピンポン

ファイナル・デスティネーション

ファインディング・ニモ

ファム・ファタール

Vフォー・ヴェンデッタ

フィフスエレメント

フォレストガンプ

フライトプラン

フラガール

プラクティカル・マジック

ブラザーズグリム

プラダを着た悪魔

ブリジットジョーンズの日記 きれそうな私の12ヶ月

プリティーリーグ

フルハウス

ブレイブストーリー

プレステージ

フレンズ

ブロウ

ペネロピ

ボーイズドントクライ

僕は妹に恋をする

火垂るの墓

ホットショット

ホリデイ

ホーンティング


★ま行★★★★

マイガール

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

魔女の宅急便

マーズアタック!

マトリックス

マトリックスリローデッド

マトリックス レボリューションズ

魔法にかけられて

マリーアントワネット

マリーアントワネットの首飾り

マルコヴィッチの穴

Mr.インクレディブル

ミスポター

耳をすませば

めぐり逢えたら

蟲師

ムーンチャイルド

メリーポピンズ

メンインブラック

MIB:2

もののけ姫


★ら行★★★★

ライラの冒険 黄金の羅針盤

ラバーズ

ラン・ローラ・ラン

リーグオブレジェンド

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?

リバティーン

ルパン三世 カリオストロの城

レジェンド・オブ・ゾロ

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード

レモニースニケットの世にも不幸せな物語り

ロズウェル

ロリータ


★わ行★★★★

笑う大天使(ミカエル)

Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウルの動く城

ハウルの動く城

ハウルの動く城 DVD
スタジオジブリ オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:映画館
満足度:★★★★☆

出演
 ソフィー・ハッター声・・・倍賞千恵子
 ハウル声・・・・・・・・・・・木村拓哉
 荒地の魔女声・・・・・・・美輪明宏
 カルシファー声・・・・・・ 我修院達也
 マルクル声・・・・・・・・・ 神木隆之介
 レティー声・・・・・・・・・・香月弥生
 ファニー声・・・・・・・・・・ 八十川真由野
 カブ声・・・・・・・・・・・・・ 大泉洋
 サリマン声・・・・・・・・・・加藤治子
 国王声・・・・・・・・・・・・・大塚明夫
 ヒン声・・・・・・・・・・・・・・原田大二郎
 その他
監督: 宮崎駿
公開:2004年・日本アニメ映画
内容:魔法と科学が同時に存在する時代。町の小さな帽子屋で働くソフィーは、自分に自信が持てない内気な18歳。彼女の住む王国では戦争が起きているが、それも遠い世界の話でしかない。しかし、町はずれの荒野に住む荒地の魔女の意地悪により呪いをかけられ、90歳の老婆の姿に変えられてしまう。家を出て荒地を放浪する彼女の前に現れた巨大な動く城。生きるために城の主で魔法使いのハウルに掃除婦として雇われるソフィー。

ハウル本
ハウルの動く城 原作 ダイアナ・ウィン ジョーンズ (著)
魔法使いハウルと火の悪魔


映画館で初めて観た時は、正直あまり良かったと思えなかったんです。
個人的に声あててる人が苦手だったということもあって、固定観念が先についてしまって、素直な気持ちで観られなかったんでしょうね。
後で落ち着いてからもう一度観て見ると・・・・最後には涙が出ていました。
ラブストーリーはラブストーリーなんだけど、恋というよりは、家族愛みたいなものが描かれていて、
外で戦う(仕事)父=ハウル
家を守る母=ソフィー
そして守るべき子供達と住まい。
ハウルの意味不明な行動も全て皆の家を守るため。
まさに父の理想像じゃないですかw
ハウルの戦ってる理由・相手等が詳しく描かれていない点も、普段父が外でどう仕事しているのか、どう戦って家族を守っているのか、家族が理解してない様子を表してるのかなぁと思ったり。
「父が外で何かしらと戦って家族を守っている姿」がよく描かれていると思いました。
ハウル視点ではなく、ソフィー視点ですからね。
特に「ようやく守りたいものが出来た、君だ」っていうセリフが心にしみましたね。
男とうのは守りたいものが出来ただけで、こんなにも強く前向きになれるもんなんだなぁと。
血は繋がってなくても、家族として愛にあふれていて、幸せそうで羨ましく感じましたね。
原作とはだいぶニュアンスも違っているけど、こっちはこっちで大好きな作品だな。

そう言えば、「ハウルの動く城」のポスターって、プロデューサーの鈴木さんがほとんど下書きしたらすぃよ。宮崎さんが書いたのは犬だけなんだって。
もともと宮崎さんは、ポスターとかはほとんどまかせっきりみたいで。
ってことは、今までのもそんな感じなんだろうね。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ
スポンサーサイト

テーマ : ジブリ - ジャンル : 映画

紅の豚

紅の豚

紅の豚 DVD
ジブリオフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:TV放送
満足度:★★★☆☆

出演
 ポルコ・ロッソ声・・・・・・・・・・・・・森山周一郎
 マダム・ジーナ声・・・・・・・・・・・ 加藤登紀子
 ピッコロおやじ声・・・・・・・・・・・・桂三枝
 マンマユート・ボス声・・・・・・・・・上條恒彦
 フィオ・ピッコロ声・・・・・・・・・・・・岡村明美
 ミスター・カーチス声・・・・・・・・・ 大塚明夫
 バアちゃん声・・・・・・・・・・・・・・・弘子
 フェラーリン少佐声・・・・・・・・・・稲垣雅之
 ポルコ・ロッソ(青年時代)声・・・古本新之輔
監督:宮崎駿
公開:1992年・日本アニメ映画
内容:1920年代のイタリア、アドリア海には空賊相手の賞金稼ぎをしている豚がいた。「飛ばねぇ豚はただの豚だ」とのたまう彼の名はポルコ・ロッソ。紅の翼の飛行艇を乗りこなすこの豚の活躍を小気味よく描いた航空活劇である。


男性に人気のある作品ですね。
豚なのに2枚目ってのが前代未聞で面白い所かな。
争いの・・・・とうよりケンカ?
その理由も女からしてみれば「くだらないコト」。
でもそこが男のロマンってやつなのかな?
女性には分からない男の世界、ジーナの「バカ!」の一言につきるよ、本当。
それにしても紅の豚ほど登場人物・その他の人物・背景が、こんなにも動きまくる作品は他にはないだろうな。
普通に見ていたら視界にすら入らなそうな端っこの人物まで魅力的に動いていたりして、細部まで手抜きしてない所なんかは流石ですね。
これぞ宮崎駿作品って感じ。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

拍手有難うゴザイマス♪
↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : スタジオジブリ - ジャンル : 映画

ゲド戦記

ゲド戦記

ゲド戦記 DVD
ゲド戦記 オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:映画館
満足度:★★★☆☆

出演
 アレン(レバンネン)声・・・岡田准一
 テルー(テハヌー)声・・・・手嶌葵
 ハイタカ(ゲド)声・・・・・・・菅原文太
 テナー声・・・・・・・・・・・・・風吹ジュン
 クモ声・・・・・・・・・・・・・・・田中裕子
 ウサギ声・・・・・・・・・・・・ 香川照之
 国王声・・・・・・・・・・・・・・小林薫
 王妃声・・・・・・・・・・・・・・夏川結衣
 女主人声・・・・・・・・・・・・倍賞美津子
 ハジア売り声・・・・・・・・・内藤剛志
 その他
監督:宮崎吾朗
公開:2006年・日本アニメ映画
内容:あちこちで作物が枯れ、羊や牛がダメになり、人間の頭が変になっている。世界の均衡が、崩れつつあった。
エンラッド王の下には、国を襲う天変地異の報が数多くもたらされていた。世界の均衡がもたらすはずの光が弱まり、黄昏が深まる予兆を告げる魔法使いに王の憂いは深まる一方だった。ひとり宮殿を歩む王を襲い、宝剣を奪い去ったひとりの刺客。薄れゆく意識の中で刺客に向けて呟いた名は「アレン」。それは、ただひとりの彼の息子の名前だった。
世界で最も偉大な魔法使い、大賢人のハイタカ(真の名:ゲド)は、世界に災いをもたらすその源を探る旅の途上にあった。旅の途中、ハイタカは国を出奔した王子アレンと出会う。アレンは“影”に追われているようだった。世界の均衡を崩し、災いをもたらす力は、アレンにも及んでいたのだ。影から逃げ惑い、心の闇と向き合うことのできないアレンの姿に、ハイタカは若き日の自分の姿を見ていた。
ふたりは共に旅を続け、人々が崩れた遺跡に巣食うように暮らす都城ホート・タウンにたどりつく。そこでアレンは、人買いに追われる少女テルーと出会う・・・。

ゲド戦記本
ゲド戦記 原作 アーシュラ・K. ル・グウィン (著)
ゲド戦記 1 影との戦い


宮崎駿の息子が監督の第1作目ということもあって大いに期待された作品でしたね。
その期待に答えられたのかは個々に感じることだけれど、私のイメージとしては昔のルパン三世を見てる感じだったかなぁ。
親子と言えどもやっぱり、違う人が監督をやれば作品も今までのようにとはいかないもんだね。
でもジブリで作るのなら、背景だとかバックの人物の動きだとか緑の量だとかは手抜きせずにやってほしかったなぁ。
あの後ろの人物達が動いていない背景がすごく違和感あったよ。
あえてそうしているのか、本当に手抜きなのかは分からないけど。
数あるゲド戦記の中であえてここの話を使ったのは、やっぱり少女と竜の絡みを描きたかったんだろうよ。
とはいえ、原作を大幅に変えた内容で・・・父に不評で原作者に不評で・・・・・
不評だらけだった今作にめげず、また良い作品を作ってほしいですね。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : スタジオジブリ - ジャンル : 映画

となりのトトロ

となりのトトロ

となりのトトロ DVD
ジブリオフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:TV放送
満足度:★★★★☆

出演
 サツキ役・・・・・・・・・・・・・日高のり子
 メイ役・・・・・・・・・・・・・・・坂本千夏
 おとうさん役・・・・・・・・・・ 糸井重里
 おかあさん役・・・・・・・・・ 島本須美
 トトロ役・・・・・・・・・・・・・・高木均
 ネコバス役・・・・・・・・・・・龍田直樹
 カンタのばあちゃん役・・・北林谷栄
 カンタ役・・・・・・・・・・・・・ 雨笠利幸
 その他
監督:宮崎駿
公開:1988年・日本アニメ映画
内容:小学6年生のサツキと4歳の妹メイが引っ越してきたおんぼろな家の隣には、遠く見上げるほどに大きなクスノキの森があった。やがて2人はその森の主である「へんないきもの」トトロと出会い、胸躍る体験をすることになる…。


ジブリ系では人気だんとつトップのとなりのトトロだけど、コアなFANではなく一般の主婦層の心をつかんだだけあるな。
夢のある非現実的な出来事とちょっとした事件だけで、ここまで完成度高くまとまってるのが人気の秘密なのかな?
ファンタジーだけどファンタジーすぎない所がいいのかもね。
ごく最近にトトロの声をやっていた人が、もうこの世にいないと耳にしたけど・・・て、ていうか、人の声だったんかいっ!!ってあたりまえだけどビックリ。
まるで人間を思わせないトトロっぷりが凄いね。
そういう所とか、キャラクターの柔らかさとか毛並みまで手に取るように伝わってきて、架空の生き物でもその感触を疑似体験出来るように描いたりして、ストーリーそのものよりもキャラクターの魅力が光ってますね。
一般層狙い撃ちの、のほほんストーリーだけど、実は計算しつくされた力作なんだろうなぁって思う。
この作品には作り手の愛がたっぷりこもってるね。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : スタジオジブリ - ジャンル : 映画

魔女の宅急便

魔女の宅急便

魔女の宅急便 DVD
スタジオジブリ オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:レンタル
満足度:★★★★☆

出演
 キキ声・・・・・・高山みなみ
 ウルスラ声・・・高山みなみ
 ジジ声・・・・・・佐久間
 おソノ声・・・・・戸田恵子
 トンボ声・・・・・山口勝平
 コキリ声・・・・・信沢三恵子
 老婦人声・・・・加藤治子
 バーサ声・・・・関弘子
 その他
監督:宮崎駿
公開:1989年・日本アニメ映画
内容:1989年の宮崎駿監督による劇場用長編アニメーション作品。13歳になり、魔女の修業のために黒猫ジジとともに街を出る少女キキ。新たに住まいとして選んだ街で配達屋として暮らす中で、居候先のパン屋のオソノさん、空を飛ぶことにあこがれる少年トンボなど、さまざまな人との出会いをとおし、落ち込んだりしながらも魔女として、人として成長していく姿を描く。

魔女宅本
魔女の宅急便 原作 角野 栄子 (著)
魔女の宅急便


原作無視で有名な作品ですが、宮崎監督らしい展開で良いと思うよ。
なんていってもジジ可愛いし。
やっぱり喋るジジは可愛い!!
だから、言葉がわからなくなってしまった後のジジはちょっと切ないね。
13歳で独り立ちで知らない街で自分で食べていかなきゃいけないって、とっても過酷なコトだと思うんだけど、普通そのぐらいだと、まだまだ親に過保護にされている年齢でしょうにねぇ。
周りの親切に少しも遠慮しないトコは、やっぱりお年頃か宮崎流か?
まぁ、人の親切を無下に断るのも結局その人に失礼だしね。
人の好意は素直に受け取らないとねぇ~。
そんなコトを13歳に教わった私。
それにしても、「宅急便」って、ヤマトさんが証本登録だかなんだかしてた気が・・・。
ジジ→クロネコ→宅急便
はげしく大人の事情のにおいがしますな。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン


魔女の宅急便 関連商品↓


続きを読む »

テーマ : スタジオジブリ - ジャンル : 映画

崖の上のポニョ

ポニョ

崖の上のポニョ DVDをamazonで予約!!
スタジオジブリ オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:映画館
満足度:★★★☆☆

出演
 ポニョ声・・・・・・・・・・・奈良柚莉愛
 宗介声・・・・・・・・・・・・土井洋輝
 リサ声・・・・・・・・・・・・・山口智子
 耕一声・・・・・・・・・・・・長嶋一茂
 フジモト声・・・・・・・・・・所ジョージ
 グランマンマーレ声・・・天海祐希
 ポニョの妹達声・・・・・・矢野顕子
 水魚声・・・・・・・・・・・・所ジョージ
 トキ声・・・・・・・・・・・・・吉行和子
 ヨシエ声・・・・・・・・・・・奈良岡朋子
 カヨ声・・・・・・・・・・・・・左時枝
 クミコ声・・・・・・・・・・・・平岡映美
 カレン声・・・・・・・・・・・大橋のぞみ
 その他
監督:宮崎駿
公開:2008年・日本映画
内容:海辺の小さな町。崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、ある日、クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う。アタマをジャムの瓶に突っ込んで困っていたところを、宗介に助けてもらったのだ。
宗介のことを好きなるポニョ。宗介もポニョを好きになる。「ぼくが守ってあげるからね」
しかし、かつて人間を辞め、海の住人となった父・フジモトによって、ポニョは海の中へと連れ戻されてしまう。
人間になりたい!ポニョは妹達の力を借りて父の魔法を盗みだし、再び宗介のいる人間の世界を目指す。
危険な力を持つ生命の水がまち散らされた。海はふくれあがり、嵐が巻き起こり、いもうと達は巨大な水魚に変身して、宗介のいつ崖へ、大津波となって押し寄せる。海の世界の混乱は、宗介たちが暮らす町をまるごと飲み込み、海の中へと沈めてします・・・。
少年と少女、愛と責任、海と生命。神経症と不安の時代に、宮崎駿がためらわずに描く、母と子の物語。


思いのほか、ホラーでした(笑)海が怖くなるよ・・・・。
要するに「人魚姫」の話かな?と思っていましたが、やっぱり話のベースはそこにあるみたいですね。
でも内容は全然違うもので、宮崎監督らしさ満載の冒険&ファンタジーの世界でした。
さぞポニョは可愛いんだろうなぁ・・・と想像していたけど、いもうと達のが可愛かった(笑)
そして5歳にしてあの男前っぷりな宗介もたまらないですね。
子供が観ると、このなんとも不思議な世界に夢もふくらみワクワクがとまらない内容なんだろうけど、大人の私的にはやっぱり少しホラーなんですよね。
どうしても人間の立場になって考えてしまったり、真面目に突っ込みたくなったりと・・・。
あの状況で皆が幸せの微笑みを絶やさないところは、さっすが宮崎監督!!と思いました。
が・・・残念なのは何であんな終わり方?
え?これで終わりですか??と拍子抜けしてしまった。
んーどうなんだろう・・・本当にこれ良かったの?w

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

拍手有難うゴザイマス♪
↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し DVD
スタジオジブリ オフィシャルサイト
鑑賞:映画館
満足度:★★★★★

出演
 荻野千尋声・・・・・・柊瑠美
 ハク声・・・・・・・・・・入野自由
 湯婆婆/銭婆声・・・夏木マリ
 釜爺声・・・・・・・・・・菅原文太
 カオナシ声・・・・・・・中村彰男
 リン声・・・・・・・・・・・玉井夕海
 坊声・・・・・・・・・・・・神木隆之介
 荻野明夫声・・・・・・内藤剛志
 荻野悠子声・・・・・・沢口靖子
 青蛙声・・・・・・・・・・我修院達也
 番台蛙声・・・・・・・・大泉洋
 その他
監督:宮崎駿
公開:2001年・日本
内容:『もののけ姫』から4年の歳月をかけ2001年夏に公開され、大ヒットを記録した宮崎駿監督による冒険ファンタジー。異世界に迷いこんだ10歳の少女・千尋がさまざまな出会いと試練の中で、成長し“生きる力”を取り戻していく姿を描く。


昔の名作は抜かして、ここ最近の宮崎映画の中では一番好きカモ。
いまいち理解しきれない比喩や表現もあるけど、ふっとした時に見たくなる映画だな。
背景が和風な割に、いやにファンタジックでアンバランスな感じがまた好き。
でも、色々な神様がでてくるけど、何の神様なのかとかもっと詳しく知りたかったなぁ~。
ヒヨコの神様・やっぱりお風呂のお供はヒヨコ?
アヒルじゃなくてヒヨコなんですね。
ハクを助けるために頑張る千尋の姿がどことなく「天空の城のラピュタ」のパズーに似てるんだよなぁ。
まさに逆バージョンって感じ。だから好きなのかな。
今までの宮崎映画の集大成とまでは思わなかったけど、久しぶりに見応えあって遊び心満載の作品になったなぁって感じ。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

拍手有難うゴザイマス♪
↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : スタジオジブリ - ジャンル : 映画

天空の城ラピュタ

ラピュタ

天空の城ラピュタ DVD
スタジオジブリ オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:TV放送
満足度:★★★★★

出演
 パズー声・・・・・・・・田中真弓
 シータ声・・・・・・・・横沢啓子
 ドーラ声・・・・・・・・・初井言榮
 ムスカ声・・・・・・・・寺田農
 将軍声・・・・・・・・・永井一郎
 ポムじいさん声・・・常田富士男
 その他
監督:宮崎駿
公開:1986年・日本
内容:空から降ってきた少女シータと、彼女を助けた見習機械工のパズーが繰り広げる、空中の浮島ラピュタ帝国をめぐる傑作ファンタジー・アドベンチャー・アニメ。宮崎駿原作・脚本・監督作品。


ムスカ「目がぁ~目がぁ~~~~~」

昔から何度見ても飽きない名作。
宮崎映画の中で一番好きだなぁ。
声も声優さんだし、舞台背景が空想の世界で、ストーリー展開も上手く、コミカルなシーンも盛り沢山で、細かく見れば見るほど遊び心が込められいて、アニメ映画はこうでかきゃ!って感じ。
最近の宮崎映画にはない良さがこれにはあるね。
パズーとシータがラブラブモードになるまで、1日もかかってないってのも、強引で良いよ。
この歳でパズーを見ると、理想の男性はパズーじゃないかと錯覚するほどパズーの男っぷりがたまらん。
あきらかにドン引きするようなセリフでも、パズーに言わせてしまえばいやみがないよ。
出会って間もない彼女のために命はって挑む姿は、現実の世界じゃ~そう見られるものではないよね。
ただ、職場をほったらかしにして無駄欠勤で連絡なしだと、親方が心配して夜も眠れないゾとか思ったけど。
そしてよく笑うムスカのハゲ説は言うまでもないけど、
ハゲっていうか…むしろヅラなんじゃないの?
そして何よりロボット兵の切なさったらないよ。
最後の二人のゆくすえより、ロボット兵の方がよっぽど心配…。
ロボット兵…あのまま放置プレーで良いの?

これもともと、TVシリーズのアニメとして作ったみたいで、当時「不思議の海のナディア」と枠を競ってたんだって。
ある程度テーマを決められて作ってるから、この2作はどこと無く似てるよね。
その時は「不思議の海のナディア」が勝ち取ったんだけど、結局映画でブレイクしたわけだから、NHKの枠に留まらなくて良かったね。って感じなんだろうな。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : スタジオジブリ - ジャンル : 映画

風の谷のナウシカ

ナウシカ

風の谷のナウシカ DVD
スタジオジブリ オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:TV放送
満足度:★★★★★

出演
 ナウシカ声・・・・島本須美
 ジル声・・・・・・・辻村真人
 大ババ声・・・・・京田尚子
 ユパ声・・・・・・・納谷悟朗
 ミト声・・・・・・・・永井一郎
 ゴル声・・・・・・・宮内幸平
 ギックリ声・・・・八奈見乗児
 アスベル声・・・ 松田洋治
 ラステル声・・・ 冨永み~な
 クシャナ声・・・ 榊原良子
 クロトワ声・・・・家弓家正
 その他
監督:宮崎駿
公開:1984年・日本アニメ映画
内容:人類は極限まで文明を発達させ自然を征服するが、「火の七日間」と呼ばれる最終戦争を引き起こす。高度な文明は滅び、瘴気(有毒ガス)が充満する「腐海」と呼ばれる菌類の森や獰猛な蟲(むし)たちを生んでしまう。それから千年余り、わずかに残った人類は、古の文明の遺物を発掘して利用しつつ逞しく生きていた。腐海は拡大を続け、人類の生活を脅かしていた。
腐海のほとりにある辺境の小国「風の谷」は、大国トルメキアの戦乱に巻き込まれた。「風の谷」の族長の娘であるナウシカは、過酷な運命に翻弄されながらさまざまな人びとと出会い、自分自身と世界の運命、太古より繰り返されて来た人の業とも呼べる営みに向き合い、大国と小国そして腐海と人類との共生の道を探す。

ナウシカ本
風の谷のナウシカ 原作 宮崎駿
風の谷のナウシカ 1巻


ビデオ持ってるのに、TVでやっているとつい見てしまう。
幼い頃に、ナウシカの髪の毛はピンクだと勘違いしてたなぁ。
んで、あのマスクが印象的すぎて犬人間の映画か何かと思ってたような思ってなかったような?
今、改めて見ると所々のBGMが妙にロックな感じなのが、ちょっと面白いです。
見るたびに思うことも違っていて本当に深いよね。
ついでに言うと、原作の方が面白いです。
映画の話は、原作の最初の方なんですね。
原作だと、よりコアでナウシカさんも頑張りすぎです。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

拍手有難うゴザイマス♪
↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : ジブリ - ジャンル : 映画

もののけ姫

もののけ姫

もののけ姫 DVD
スタジオジブリ オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:映画館
満足度:★★★☆☆

出演
 アシタカ声・・・松田洋治
 サン声・・・・・・石田ゆり子
 エボシ声・・・・ 田中裕子
 ジコ坊声・・・・ 小林薫
 モロ声・・・・・・美輪明宏
 乙事主声・・・ 森繁久彌
 カヤ声・・・・・・石田ゆり子
 ゴンザ声・・・・上條恒彦
 山犬声・・・・・ 渡辺哲
 他
監督: 宮崎駿
公開:1997年・日本映画
内容:大和朝廷に滅ぼされた蝦夷の末裔である少年アシタカは、村を襲った「タタリガミ」にかけられた呪いを解くために、遠く西方の神々の住む森を目指して旅立つ。そこで彼が見たものは、森を破壊しながら必死に生きるタタラ製鉄集団と、人語を解する森の獣たち、そして山犬として生きる少女サンであった。やがて、森を守ろうとする森の獣たちと、獣たちの長である「シシ神」を倒そうとする人間たちの壮絶な戦いが始まる。


いつもパンフ買うのに、この時だけ買ってなくて大後悔。
以来、どんな糞映画でも映画館で見たらパンフを買うことにしてます。

もののけ姫は宮崎映画の中で一番難しいんじゃないかと思う。
ちょっとナウシカと雰囲気似てると思うんだけど、
言わんとすることもナウシカと同じなんじゃないかと思うな。
んーでも、何とかボッチが勝手に大暴れして解決したら皆仲良しみたいな、あの終わり方はなんだかなぁ。
まぁ動物と人間が争うことなく共に生きていくことが出来るようになったであろうってことでハッピーエンドなのかな。
む~ん、やっぱり宮崎アニメは洋の方が好きだなぁ。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

拍手有難うゴザイマス♪
↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : ジブリ - ジャンル : 映画


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。