今話題の♪






いらっしゃいませ♪

FC2カウンター

ブログランキング

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


AMAZON

カテゴリー

ジョニーデップ 出演作

最近のコメント

最近のトラックバック

月間ページランキング

ブログパーツ

メロメロパーク

TSUTAYAでレンタル

安く買うならここ!

映画館紹介

PR

マイサイト

お気に入りリンク♪

お気に入り映画♪

記事一覧

★あ行★★★★

アイアムレジェンド

アイスパイ

明日の記憶

アップルシード

アダムス・ファミリー

アダムス・ファミリー2

アメリ

アリーマイラブ

イーオン・フラックス

妹の恋人

犬神家の一族

イルマーレ

インタビューウィズヴァンパイア

インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説

イン・ハー・シューズ

インビジブル

ウェディング・プランナー

ウルトラバイオレット

運命の女

X-ファイル ザ・ムービー

X-MEN

X-MEN2

X-MEN ファイナル ディシジョン

エド・ウッド

L change the WorLd

大奥

オーシャンズ11

オースティンパワーズ ゴールドメンバー

オペラ座の怪人

オーメン666

オリバーツイスト


★か行★★★★

崖の上のポニョ

風の谷のナウシカ

仮面の男

ガール・ネクスト・ドア

危険な遊び

キッド

CASSHERN

キャットウーマン

嫌われ松子の一生

ギルバートグレイプ

キャスパー

クイーンオブザヴァンパイア

クロサギ

グリーンマイル

紅の豚

ゲゲゲの鬼太郎

ゲド戦記

下弦の月ド

恋は邪魔者

皇帝ペンギン

50回目のファーストキス

コーヒープリンス1号店

コープスブライド

コールドマウンテン

コンスタンティン


★さ行★★★★

THE 有頂天ホテル

サウンドオブミュージック

さくらん

ザスーラ

座頭市

サンキューボーイズ

幸せになるための27のドレス

シークレットウインドウ

CSI:5科学捜査班

CSI:科学捜査班 マイアミ

CSI:ニューヨーク

四角い恋愛関係

シカゴ

シークレットアイドル ハンナモンタナ

シザーハンズ

シックスセンス

死ぬまでにしたい10のこと

SHINOBI

下妻物語

シャーロットのおくりもの

ジョーブラックをよろしく

シンシティ

真珠の耳飾りの少女

スウィーニー・トッド

スコーピオンキング

スターウォーズエピソード1/ファントムメナス

スターウォーズエピソード2/クローンの攻撃

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

スターダスト

スタンドバイミー

スパイダーマン

スパイダーマン2

スパイダーマン3

スーパーマンリターンズ

スリーピーホロウ

SEX and the CYTI

SEX AND THE CITY

007 ダイ・アナザー・デイ

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

千と千尋の神隠し

千年女優


★た行★★★★

ダヴィンチコード

TAXi3

TAXI NY

ターミナル

ターミネーター2

ターミネーター3

チャーリーズ・エンジェル

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

チャーリーとチョコレート工場

デスパレードな妻たち

DEATH NOTE デスノート

DEATH NOTE デスノート the Last name

デビルマン

天空の城ラピュタ

天国の階段

電車男

デンジャラス・ビューティー

デンジャラス・ビューティー2

トゥルーマン・ショー

時をかける少女

ドクター・フー

となりのトトロ

トリック 劇場版

トリック 劇場版2

どろろ

ドリームガールズ

トュームレイダー

トュルーライズ


★な行★★★★

ナイトミュージアム

ナイトメアービフォアクリスマス

ナショナルトレジャー

ナルニア国物語

200本のたばこ

猫の恩返し


★は行★★★★

パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト

パイレーツオブカリビアン 呪われた海賊たち

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

ハウルの動く城

バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー2

バック・トゥ・ザ・フューチャー3

8人の女たち

バットマン

バットマン リターンズ

バットマン&ロビン~Mr.フリーズの逆襲!!~

バットマンビギンズ

花よりもなほ

パニックルーム

パフューム

バブルへGO!!

ハリーポッターとアスカバンの囚人

ハリーポッターと賢者の石

ハリーポッターと秘密の部屋

ハリーポッター/不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

バンビ

バンビ2

ビッグフィッシュ

ピーター・パン

ピーターパン2

HERO

HEROES シーズン1

ピンポン

ファイナル・デスティネーション

ファインディング・ニモ

ファム・ファタール

Vフォー・ヴェンデッタ

フィフスエレメント

フォレストガンプ

フライトプラン

フラガール

プラクティカル・マジック

ブラザーズグリム

プラダを着た悪魔

ブリジットジョーンズの日記 きれそうな私の12ヶ月

プリティーリーグ

フルハウス

ブレイブストーリー

プレステージ

フレンズ

ブロウ

ペネロピ

ボーイズドントクライ

僕は妹に恋をする

火垂るの墓

ホットショット

ホリデイ

ホーンティング


★ま行★★★★

マイガール

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

魔女の宅急便

マーズアタック!

マトリックス

マトリックスリローデッド

マトリックス レボリューションズ

魔法にかけられて

マリーアントワネット

マリーアントワネットの首飾り

マルコヴィッチの穴

Mr.インクレディブル

ミスポター

耳をすませば

めぐり逢えたら

蟲師

ムーンチャイルド

メリーポピンズ

メンインブラック

MIB:2

もののけ姫


★ら行★★★★

ライラの冒険 黄金の羅針盤

ラバーズ

ラン・ローラ・ラン

リーグオブレジェンド

リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?

リバティーン

ルパン三世 カリオストロの城

レジェンド・オブ・ゾロ

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード

レモニースニケットの世にも不幸せな物語り

ロズウェル

ロリータ


★わ行★★★★

笑う大天使(ミカエル)

Amazon

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X-ファイル ザ・ムービー

Xファイルザムービー

X-ファイル ザ・ムービー DVD
鑑賞:TV放送・吹替え
満足度:★★★☆☆

出演
 フォックス・ウィリアム・モルダー捜査官役・・デイヴィッド・ドゥカヴニー
 ダナ・キャサリン・スカリー捜査官役・・・・・・ジリアン・アンダーソン
 ウォルター・スキナー副長官役・・・・・・・・・・ミッチ・ピレッジ
 メルビン・フロヒキー役・・・・・・・・・・・・・・・・トム・ブレイドウィッド
 ジョン・フィッツジェラルド・バイヤース役・・・ブルース・ハーウッド
 リチャード・ラングリー役・・・・・・・・・・・・・・・ディーン・ハグランド
 シガレット・スモーキング・マン役・・・・・・・・ウィリアム・B・デイビス
 ウェル・マニキュアード・マン役・・・・・・・・・・ジョン・ネヴィル
 その他
監督:ロブ・ボウマン
公開:1998年・アメリカ映画
内容:テキスト州北部の洞窟で少年が謎の黒い液体に接触して絶命。救助に向かった消防隊員も相次いで死亡するという怪事件が発生した。それから1週間後、ダラスで起きた不可解な予告ビル爆破事件。FBI捜査官モルダーとスカリーは、ある男から両事件をつなぐ驚くべき真実を告げられる!

XファイルTVシリーズ
XファイルTVシリーズ
X-ファイル ファースト・シーズン DVD-BOX


Xファイルザムービー2
なんと言いますか、既に懐かしい空気が漂っていて昔よく見ていたなぁとしみじみしてしまった。
シリーズではいつも謎は謎のままで終わってた内容が、劇場版では少しスッキリ感も演出してましたね。
スカリーがあの状態で復活出来たことが最大の謎な気もしますがw
地球外生物の液体・・・と困惑してしまいそうだけど、しっかり乗り物もあったりで、組織との連携プレーだとか一体どうやって意思の疎通をしてるんでしょうね。
と相変わらず突っ込み所満載でTVシリーズなりの良さが出ていました。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

オーメン666

オーメン

オーメン666 DVD
オーメン666 オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー× その他)
鑑賞:TV放送・吹替え
満足度:★★★☆☆

出演
 ロバート・ソーン役・・・・・・・リーヴ・シュレイバー
 ダミアン役・・・・・・・・・・・・ シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック
 キャサリン・ソーン役・・・・・ジュリア・スタイルズ
 キース・ジェニングス役・・・デヴィッド・シューリス
 ブーゲンハーゲン役・・・・・マイケル・ガンボン
 ブレナン神父役・・・・・・・・ ピート・ポスルスウェイト
 ベイロック夫人役・・・・・・・ ミア・ファロー
 その他
監督:ジョン・ムーア
公開:2006年・アメリカ映画
内容:アメリカ人外交官である主人公が、ローマの産院で、死産してしまった我が子の代わりに、同日・同時刻に誕生した孤児である男子を養子として引き取る。ほどなくして、駐英大使に任命され、その後数年間、仕事や家庭も順風満帆で絵に描いたような幸福な生活を送るが、乳母の異常な自殺を境に息子の周囲で奇妙な出来事が続発。次第に神経質になり精神が不安定になっていく妻、息子へ過度な愛情を注ぐ新しい乳母、息子を『悪魔』だと言い張る神父、その証拠を持って訪ねてくるカメラマンなど様々な人物や彼らの突然の死に翻弄されながら、主人公は徐々に息子に対して疑惑を持ち始め、ついには死産したはずの実の子の墓を開き見ることで、その疑惑は彼の中で決定的なものとなる。そして『悪魔を殺すことができる』と言われる7本の短剣を手にいれるのだが・・・。


オーメン2
噂に名高い名作をやっと見た・・・と言ってもリメイクバージョンですけど。
旧作は分からないけど、今作に関して言えば、ホラーといいつつも映像技術が発達していて、少しSFな感じ。
ホラーは手作り感があったほうのがより怖く感じるもんだよね。
とは言っても、ダミアン怖いことには変わりないわけでw 子供っていうのがまた怖さに拍車をかけてますね。
悪魔の仕業らしく、奇妙な出来事はすべて不運の積み重ね。
直接手を下すより神がかりなイメージが出ていて最高でした。神ではなく悪魔だけど・・・。
悪魔と言えども相手は子供・・・どうなるんだろうって思ったけど・・・やっぱりねっていう感じw

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

スーパーマンリターンズ

スーパーマン リターンズ

スーパーマン リターンズ DVD
スーパーマン リターンズ オフィシャルサイト
(壁紙○ スクリーンセーバー○ その他アイコン有り)
鑑賞:レンタル・吹替え
満足度:★★★★☆

出演
 クラーク・ケント、スーパーマン役・・・ブランドン・ラウス
 ロイス・レイン役・・・・・・・・・・・・・・・ ケイト・ボスワース
 レックス・ルーサー役・・・・・・・・・・・ ケヴィン・スペイシー
 リチャード・ホワイト役・・・・・・・・・・・ ジェームズ・マースデン
 ジェイソン・ホワイト役・・・・・・・・・・・ トリスタン・レイク・リーブ
 ペリー・ホワイト役・・・・・・・・・・・・・・フランク・ランジェラ
 マーサ・ケント役・・・・・・・・・・・・・・・エヴァ・マリー・セイント
 キティ・コワルスキー役・・・・・・・・・・パーカー・ポージー
 ジミー・オルセン役・・・・・・・・・・・・・サム・ハンティントン
 老バーテンダー役・・・・・・・・・・・・・ ジャック・ラーソン
 ガートルード・ヴァンダーワース役・・・ノエル・ニール
 ジョー・エル役・・・・・・・・・・・・・・・・・マーロン・ブランド
 その他
監督:ブライアン・シンガー
公開:2006年・アメリカ映画
内容:クリプトン星の悪人との戦いに勝利した後、謎の失踪を遂げたスーパーマンが5年ぶりに地球に戻ってきた!しかし、スーパーマンがいない間、地球は犯罪が急増し、レックス・ルーサーも仮釈放が認められ出所してきてしまった。さらに、かつての恋人ロイス・レインは新たな道を歩み始めており…。ブランドン・ラウス、ケイト・ボスワークほか出演で贈るスーパーマンの新たな伝説の幕開け!


スーパーマンリターンズ2
帰ってきたスーパーマン。
永遠のスーパーマン、クリストファー・リーブに勝るとも劣らないNewスーパーマン役のブランドン・ラウスはカッコ良かったので、まぁまぁよしとしても、ヒロイン役がいまいちかなぁ。旧作よりはマシなのかな。
スーパーマンってそこまで強いイメージなかったけど、今回のスーパーマンは無敵だね。
このぐらい強くいてもらわないとスーパーマンではないよ、やっぱり。
私の中ではクリストファー・リーブ以上にスーパーマンにハマる人はいないと思っていたけど、まぁ、これで良いのかな。ちょっと寂しい気もするけどね。
それにしても・・・盗まれたクリスタル・・・・あのままでいいんですか?
取り返してない気がするんですけどw

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

ウェディング・プランナー

ウェディング・プランナー

ウェディング・プランナー DVD
鑑賞:TV放送・吹替え
満足度:★★☆☆☆

出演
 メアリー役・・・・・ジェニファー・ロペス
 スティーブ役・・・マシュー・マコノヒー
 フラン役・・・・・・ ブリジット・ウィルソン
 マッシモ役・・・・ ジャスティン・チェインバース
 ペニー役・・・・・・ジュディー・グリア
 その他
監督:アダム・シャンクマン
公開:2001年・アメリカ映画
内容:結婚式をプロデュースする“ウェディング・プランナー”という仕事をしている女性が、こともあろうにクライアントの花婿に恋してしまったことで、仕事と自身の結婚の間で揺れる女性を描いたおしゃれでロマンチックなラブストーリー。


ウェディングプランナー2
なんとも古典的で王道なストーリ展開で、それなりに楽しめました。
クライアントの花婿に恋・・・と、なんともありがちな感じがたまりませんね。
悲劇に終わった方のが素敵だったかもしれないけど、そこはアメリカ映画、なんとしてもハッピーエンドで終わらせたかったのか、どうにも納得出来そうにない展開が謎でした。
マッシモのプロポーズのシーンは泣けたんだけどなぁ・・・・。
てかメアリーも泣いてたよね? あの涙は嘘だったの??

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コールドマウンテン

コールドマウンテン

コールドマウンテン DVD
コールドマウンテン オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:TV放送・吹替え
満足度:★★★☆☆

出演
 インマン役・・・・・・・・・・・・・ジュード・ロウ
 エイダ・モンロー役・・・・・・・ニコール・キッドマン
 ルビー役・・・・・・・・・・・・・・レネー・ゼルウィガー
 リヴェレッド・モンロー役・・・ドナルド・サザーランド
 ヴィージー役・・・・・・・・・・・フィリップ・シーモア・ホフマン
 ジュニア役・・・・・・・・・・・・ ジョバンニ・リビシ
 スタブロッド役・・・・・・・・・・ブレンダン・グリーソン
 ティーグ役・・・・・・・・・・・・ レイ・ウィンストン
 マディ役・・・・・・・・・・・・・・ アイリーン・アトキンス
 サラ役・・・・・・・・・・・・・・・・ナタリー・ポートマン
 サリー・スワンガー役・・・・・キャシー・ベイカー
 エスコー・スワンガー役・・・ ジェームズ・ギャモン
 渡し舟の少女役・・・・・・・・・ジェナ・マローン
 ジョージア役・・・・・・・・・・・・ジャック・ホワイト
 ライラ役・・・・・・・・・・・・・・・ メルラー・ウォルターズ
 オークリー役・・・・・・・・・・・・ルーカス・ブラック
 バードルフ役・・・・・・・・・・・・キリアン・マーフィ
その他
監督:アンソニー・ミンゲラ
公開:2003年・アメリカ映画
内容:南北戦争末期の1864年。南軍兵士のインマンは、愛するエイダを置いて戦場に出る。重傷を負ったインマンは、脱走兵としてエイダの待つコールド・マウンテンへの果てしない旅に出ることを決意。一方、彼を待ち続けるエイダは、たくましさを身につけていく。ニコール・キッドマン、ジュード・ロウという美男美女が演じる、壮大なラブロマンス。

コールドマウンテン本
コールドマウンテン 原作 チャールズ フレイジャー (著)
コールドマウンテン 新潮クレストブックス


コールドマウンテン2
何だか色々救われない話だわね。
男女の両側目線だから、内容に落ち着きがなかったのが気になったかなぁ。
特に前半は過去と現在が入り混じっていたし。
たった数分しか同じ時間を共にしてないのに、命をかけて彼女のもとへと突き進んだり、その彼をひたすら信じて気がふれても待ち続けたりとロマンチックだけれど、ちょっと理解できなかったな。
男はそんなに一途ではないし、女もそれほど待ってはいられない。
現実なんてそんなもんだと思うんだけど・・・・。
レニー・ゼルウィガーが助演女優賞をとってたから期待して見たけど、想像してたより普通だったな。残念。
二コールは相変わらず綺麗だったけど、何よりジュードがカッコ良すぎるよ!!
あんなに素敵な人なら、待ってみるのも良いかも・・・。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

ゲド戦記

ゲド戦記

ゲド戦記 DVD
ゲド戦記 オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:映画館
満足度:★★★☆☆

出演
 アレン(レバンネン)声・・・岡田准一
 テルー(テハヌー)声・・・・手嶌葵
 ハイタカ(ゲド)声・・・・・・・菅原文太
 テナー声・・・・・・・・・・・・・風吹ジュン
 クモ声・・・・・・・・・・・・・・・田中裕子
 ウサギ声・・・・・・・・・・・・ 香川照之
 国王声・・・・・・・・・・・・・・小林薫
 王妃声・・・・・・・・・・・・・・夏川結衣
 女主人声・・・・・・・・・・・・倍賞美津子
 ハジア売り声・・・・・・・・・内藤剛志
 その他
監督:宮崎吾朗
公開:2006年・日本アニメ映画
内容:あちこちで作物が枯れ、羊や牛がダメになり、人間の頭が変になっている。世界の均衡が、崩れつつあった。
エンラッド王の下には、国を襲う天変地異の報が数多くもたらされていた。世界の均衡がもたらすはずの光が弱まり、黄昏が深まる予兆を告げる魔法使いに王の憂いは深まる一方だった。ひとり宮殿を歩む王を襲い、宝剣を奪い去ったひとりの刺客。薄れゆく意識の中で刺客に向けて呟いた名は「アレン」。それは、ただひとりの彼の息子の名前だった。
世界で最も偉大な魔法使い、大賢人のハイタカ(真の名:ゲド)は、世界に災いをもたらすその源を探る旅の途上にあった。旅の途中、ハイタカは国を出奔した王子アレンと出会う。アレンは“影”に追われているようだった。世界の均衡を崩し、災いをもたらす力は、アレンにも及んでいたのだ。影から逃げ惑い、心の闇と向き合うことのできないアレンの姿に、ハイタカは若き日の自分の姿を見ていた。
ふたりは共に旅を続け、人々が崩れた遺跡に巣食うように暮らす都城ホート・タウンにたどりつく。そこでアレンは、人買いに追われる少女テルーと出会う・・・。

ゲド戦記本
ゲド戦記 原作 アーシュラ・K. ル・グウィン (著)
ゲド戦記 1 影との戦い


宮崎駿の息子が監督の第1作目ということもあって大いに期待された作品でしたね。
その期待に答えられたのかは個々に感じることだけれど、私のイメージとしては昔のルパン三世を見てる感じだったかなぁ。
親子と言えどもやっぱり、違う人が監督をやれば作品も今までのようにとはいかないもんだね。
でもジブリで作るのなら、背景だとかバックの人物の動きだとか緑の量だとかは手抜きせずにやってほしかったなぁ。
あの後ろの人物達が動いていない背景がすごく違和感あったよ。
あえてそうしているのか、本当に手抜きなのかは分からないけど。
数あるゲド戦記の中であえてここの話を使ったのは、やっぱり少女と竜の絡みを描きたかったんだろうよ。
とはいえ、原作を大幅に変えた内容で・・・父に不評で原作者に不評で・・・・・
不評だらけだった今作にめげず、また良い作品を作ってほしいですね。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : スタジオジブリ - ジャンル : 映画

となりのトトロ

となりのトトロ

となりのトトロ DVD
ジブリオフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:TV放送
満足度:★★★★☆

出演
 サツキ役・・・・・・・・・・・・・日高のり子
 メイ役・・・・・・・・・・・・・・・坂本千夏
 おとうさん役・・・・・・・・・・ 糸井重里
 おかあさん役・・・・・・・・・ 島本須美
 トトロ役・・・・・・・・・・・・・・高木均
 ネコバス役・・・・・・・・・・・龍田直樹
 カンタのばあちゃん役・・・北林谷栄
 カンタ役・・・・・・・・・・・・・ 雨笠利幸
 その他
監督:宮崎駿
公開:1988年・日本アニメ映画
内容:小学6年生のサツキと4歳の妹メイが引っ越してきたおんぼろな家の隣には、遠く見上げるほどに大きなクスノキの森があった。やがて2人はその森の主である「へんないきもの」トトロと出会い、胸躍る体験をすることになる…。


ジブリ系では人気だんとつトップのとなりのトトロだけど、コアなFANではなく一般の主婦層の心をつかんだだけあるな。
夢のある非現実的な出来事とちょっとした事件だけで、ここまで完成度高くまとまってるのが人気の秘密なのかな?
ファンタジーだけどファンタジーすぎない所がいいのかもね。
ごく最近にトトロの声をやっていた人が、もうこの世にいないと耳にしたけど・・・て、ていうか、人の声だったんかいっ!!ってあたりまえだけどビックリ。
まるで人間を思わせないトトロっぷりが凄いね。
そういう所とか、キャラクターの柔らかさとか毛並みまで手に取るように伝わってきて、架空の生き物でもその感触を疑似体験出来るように描いたりして、ストーリーそのものよりもキャラクターの魅力が光ってますね。
一般層狙い撃ちの、のほほんストーリーだけど、実は計算しつくされた力作なんだろうなぁって思う。
この作品には作り手の愛がたっぷりこもってるね。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : スタジオジブリ - ジャンル : 映画

SHINOBI

SHINOBI

SHINOBI DVD
鑑賞:レンタル
満足度:★★★☆☆

出演
 朧役・・・・・・・・・・・・仲間由紀恵
 甲賀弦之介役・・・・ オダギリジョー
 陽炎役・・・・・・・・・・黒谷友香
 蛍火役・・・・・・・・・・沢尻エリカ
 室賀豹馬役・・・・・・升毅
 夜叉丸役・・・・・・・ 坂口拓
 筑摩小四郎役・・・・虎牙光揮
 蓑念鬼役・・・・・・・・伊藤俊
 如月左衛門役・・・・木下ほうか/三好健児
 お幻役・・・・・・・・・・りりィ
 甲賀弾正役・・・・・・寺田稔
 柳生十兵衛役・・・・仁科克基
 荷車を引く男役・・・・なべおさみ
 柳生宗矩役・・・・・・ 永澤俊矢
 服部半蔵正就役・・・松重豊
 南光坊天海役・・・・・石橋蓮司
 徳川家康役・・・・・・・北村和夫
 薬師寺天膳役・・・・・椎名桔平
 その他
監督:下山天
公開:2005年・日本映画
内容:江戸時代、人里離れた2つの里には、かつて対立し合っていた忍たちが暮していた。互いに接触を避けている中、それぞれの忍の後継者である弦之介と朧は運命的な恋に落ちるが……。

SHINOBI本
SHINOBI 原作 山田 風太郎 (著)
バジリスク―甲賀忍法帖 (1)


HINOBI2
想像していたよりは悪くない出来。
アクションシーンも見応えあって、日本映画にしては良く作れてるなぁと感心しましたw
忍たるもの、人に姿を見せてはいけない・・・わりに見せまくりの衣装も派手派手ので、忍んでいそうにないのが面白いとこですが、まぁ突っ込むところじゃないか。
忍ってもっと身軽なイメージだけれど、朧はノシ・・・ノシ・・と音が聞こえるほど重力を感じたのは演出なんですかね?
何にしても陽炎の色っぽいことといったら、私まで悩殺されてしまった!
戦いからは何も生まれないというのがメッセージなのか、報われないラストでしたね。
簡単に言ってしまえば、忍者版ロミオとジュリエットといったところか。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

オーシャンズ11

オーシャンズ11

オーシャンズ11 DVD
オーシャンズ11 オフィシャルサイト
(壁紙○ スクリーンセーバー○ その他 ポスター有り)
鑑賞:TV放送・吹替え
満足度:★★★☆☆

出演
 ダニエル・オーシャン役・・・・・ ジョージ・クルーニー
 ラスティ・ライアン役・・・・・・・・ ブラッド・ピット
 ライナス・コールドウェル役・・・マット・デイモン
 フランク・キャットン役・・・・・・・バーニー・マック
 バシャー・ター役・・・・・・・・・・ ドン・チードル
 バージル・モロイ役・・・・・・・・ ケイシー・アフレック
 ターク・モロイ役・・・・・・・・・・・スコット・カーン
 イエン役・・・・・・・・・・・・・・・・ シャオボー・クィン
 リヴィングストン・デル役・・・・ エディ・ジェイミソン
 ルーベン・ティシュコフ役・・・・エリオット・グールド
 ソール・ブルーム役・・・・・・・・カール・ライナー
 テリー・ベネディクト役・・・・・・アンディ・ガルシア
 テス役・・・・・・・・・・・・・・・・・ジュリア・ロバーツ
 その他
監督:スティーブン・ソダーバーグ
公開:2001年・アメリカ映画
内容:刑務所に4年服役していた窃盗犯ダニエル・オーシャンは仮釈放される。彼は服役中に既に新しい盗みの計画を立てていた。それはラスベガスのあるカジノの地下200フィート、3つの大カジノの金が集まる巨大金庫室から1億6000万ドルという巨額の金を盗み出すという前代未聞の大計画だった。しかし、それを実行するのには、10人の仲間が必要。
そうして集められたそれぞれの道のプロ。出来上がった犯罪ドリームチームが無数のセキュリティに囲まれ、地下深く分厚い壁に覆われた金庫室を目指し、活動を開始する。しかし、オーシャンには金のほかに、もうひとつ“盗もうとしている物”があった。


オーシャンズ112
本当に11人も必要なのか謎のオーシャンズ11、1人1人の役割が少ないからか。
こういったスパイ系やら泥棒系の映画は沢山あるけど、人数も少なく1人の力量が多すぎて、リアリティがないよりはいいのかもしれないけど、それにしても多すぎる11人w
結局最後のアレだけのための11人だった気もするな。
テンポはわりとゆっくりめでもじっくり作りこんでいる感じがして好きです。
ハラハラするシーンは皆無で、すっきり感はあったりもして、お洒落な感じもいいですね。
まぁ1回観たらもういいかなw

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

バットマンビギンズ

バットマンビギンズ

バットマンビギンズ DVD
バットマンビギンズ オフィシャルサイト
(壁紙○ スクリーンセーバー○ その他 アイコン有り)
鑑賞:レンタル・字幕
満足度:★★☆☆☆

出演
 ブルース・ウェイン/バットマン役・・・・・・クリスチャン・ベール
 ヘンリー・デュカード役・・・・・・・・・・・・・・ リーアム・ニーソン
 レイチェル・ドーズ役・・・・・・・・・・・・・・・・ケイティ・ホームズ
 アルフレッド・ペニーワース役・・・・・・・・・マイケル・ケイン
 ジェームズ・ゴードン役・・・・・・・・・・・・・・ゲイリー・オールドマン
 ルーシャス・フォックス役・・・・・・・・・・・・・モーガン・フリーマン
 ジョナサン・クレイン/スケアクロウ役・・・キリアン・マーフィ
 ラーズ・アル・グール役・・・・・・・・・・・・・・渡辺謙
 カーマイン・ファルコーニ役・・・・・・・・・・・・トム・ウィルキンソン
 リチャード・アール役・・・・・・・・・・・・・・・・ルトガー・ハウアー
 フラス刑事役・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・マーク・ブーン・ジュニア
 ローブ市警本部長役・・・・・・・・・・・・・・・ コリン・マクファーレン
 フィンチ検事長役・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ラリー・ホールデン
 トーマス・ウェイン役・・・・・・・・・・・・・・・・ ライナス・ローチ
 マーサ・ウェイン役・・・・・・・・・・・・・・・・・ サラ・スチュワート
 ジョー・チル役・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ リチャード・ブレイク
 その他
監督:クリストファー・ノーラン
公開:2005年・アメリカ映画
内容:1989年から97年にかけてティム・バートン、ジョエル・シュマッチャー監督が手がけた「バットマン」シリーズが、新しいスタッフ、キャストの手で復活。しかもこれまで描かれなかった、バットマン誕生の秘密が物語の中心だ。これは新鋭クリストファー・ノラン監督が、バットマンというキャラクターの原点を丁寧に描ききった作品である。


バットマンビギンズ2
帰ってきたバットマン・・・ではなく、バットマン誕生の話だった。
ん~別にほじくらなくてもいい過去だったんじゃないかなぁ。
バットマンシリーズって全体的に画面が暗いイメージなんだけど、ビギンズは画面もさることながらストーリーも暗くて、いまいちアメコミ系らしさが感じられなかったのが残念。
バットマンリターンズ以来ティムバートンの手をはなれてしまったバットマンシリーズは、やっぱりこれまでのイメージと変わってしまうのも当然だし、映像も演出もぜんぜん違うよね。
まぁ、仕方ないか。
バットマンに限っては、シリーズというより1つ1つ別の物語として見てくださいって感じなのかな。
あまりパッとしなかったビギンズだけど、最後のジョーカーの登場の仕方がにくいですね。
そこだけ気に入った。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

バットマン&ロビン~Mr.フリーズの逆襲!!~

バットマンアンドロビン

バットマン&ロビン~Mr.フリーズの逆襲!!~ DVD

出演
 ブルース・ウェイン/バットマン役・・・・・・・・・ジョージ・クルーニー
 ヴィクター・フライズ/Mr.フリーズ役・・・・・・・アーノルド・シュワルツェネッガー
 ディック・グレイソン/ロビン役・・・・・・・・・・・ クリス・オドネル
 パメラ・アイズリー/ポイズン・アイビー役・・・ユマ・サーマン
 バーバラ・ウィルソン/バットガール役・・・・・ アリシア・シルヴァーストーン
 アルフレッド・ペニーワース役・・・・・・・・・・・・マイケル・ガフ
 ジェームズ・ゴードン総監役・・・・・・・・・・・・・パット・ヒングル
 アントニオ・ディエゴ/ベイン役・・・・・・・・・・・ジープ・スウェンソン
 ジェイソン・ウッドルー博士役・・・・・・・・・・・・ジョン・グローヴァー
 ジュリー・マディソン役・・・・・・・・・・・・・・・・・ エル・マクファーソン
 ノーラ・フライズ役・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヴェンデラ・カーセボム・トメソン
 ヘイブン役・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヴィヴィカ・A・フォックス
 科学者役・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・マイケル・ポール・チャン
 その他
監督:ジョエル・シュマッカー
公開:1997年・アメリカ映画
内容:大人気アメリカンコミックを映画化。アーノルド・シュワルツェネッガーを悪役Mr.フリーズ役に迎えて贈るエンターテイメント大作。


バットマン&ロビン2
悪役に大物を従えてのバットマン。
すっかりポップな感じになってるね。
女性の適役はキャットウーマン以来だけど、やっぱりセクシー系の悩殺キャラなわけね。
しかも覚醒前と後の違いが分かりやすくて良いですね。アメコミはこうでなきゃ。
個人的にバットマンとキャットウーマンの仲が好きだっただけに、この新キャラはなっとくいかないんだけれども・・・。
今回は敵もさることながら、ロビンだのバットガールだの色々ですぎじゃないですかね。
ゴッサムシティってなんだかコスプレの町だよね。
バットマンフォーエバーもそうなんだけど、初代とバットマン役も監督も違うから、だいぶ味の違うバットマンで、暗い感じはなくなったけど、ティムバートンの作るバットマンの世界が好きだっただけに微妙っちゃぁ微妙だけど、なんやかんやいいつつもアメコミ系は面白いよね。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

バットマン リターンズ

バットマンリターンズ

バットマンリターンズ DVD
鑑賞:レンタル・字幕
満足度:★★★★★

出演
 ブルース・ウェイン/バットマン役・・・・・・ マイケル・キートン
 セリーナ・カイル/キャットウーマン役・・・ ミシェル・ファイファー
 オズワルド・コブルポット/ペンギン役・・・ダニー・デヴィート
 マックス・シュレック役・・・・・・・・・・・・・・・クリストファー・ウォーケン
 アルフレッド・ペニーワース役・・・・・・・・・ マイケル・ガフ
 ジェームズ・ゴードン総監役・・・・・・・・・・ パット・ヒングル
 ゴッサム市々長役・・・・・・・・・・・・・・・・・ マイケル・マーフィ
 チャールズ(チップ)・シュレック役・・・・・・アンドリュー・ブリニアスキ
 オルガン師役・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ヴィンセント・スキャヴェリ
 アイスプリンセス役・・・・・・・・・・・・・・・・・クリスティ・コナウェイ
 タッカー・コブルポット卿役・・・・・・・・・・・・ポール・ルーベンス
 その他
監督: ティム・バートン
公開:1992年・アメリカ映画
内容:ボブ・ケイン原作のアメリカンコミックヒーロー“バットマン”の劇場用第2弾。怪人ペンギン、キャットウーマンの登場によって、ゴッサム・シティーが再び悪の闇に包まれようとしている。


バットマンリターンズ2
昔はあまり意識して見てなかったけど、改めて見るとティム・バートンワールド炸裂だなこりゃって感じだね。
クレイアニメで見るような、現実にはありえない体型とか見事に再現されてるのが凄いなぁって思った。
久しぶりに見たいなぁって思った理由は、キャットウーマンが見たかったからなんだけど、やっぱり後にも先にもこれだけキャットウーマンにハマる人はいないだろうと、つくづく思ったよ。
是非この勢いで猫娘にもチャレンジして頂きたいと思うのは私だけ?
そしてなにより、クリストファーウォーケンの美しさったらないね。
こんな美しいおっさんがいていいのか!?
むしろ主役より輝いてるよ?
てか、周りのキャストのキャラ強すぎて、肝心のバットマンが影薄くなってるよ。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

バットマン

バットマン

バットマン DVD
鑑賞:レンタル・字幕
満足度:★★★★☆

出演
 ブルース・ウェイン/バットマン役・・・マイケル・キートン
 ジャック・ネイピア/ジョーカー役・・・ ジャック・ニコルソン
 ヴィッキー・ベール役・・・・・・・・・・・・キム・ベイシンガー
 アレクサンダー・ノックス役・・・・・・・・ロバート・ウール
 アルフレッド・ペニーワース役・・・・・・マイケル・ガフ
 ジェームズ・ゴードン総監役・・・・・・・パット・ヒングル
 ハーヴェイ・デント役・・・・・・・・・・・・・ビリー・ディー・ウィリアムズ
 ボルグ市長役・・・・・・・・・・・・・・・・・ リー・ウォレス
 ボブ役・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ トレイシー・ウォルター
 アリシア役・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ジェリー・ホール
 エクハート刑事役・・・・・・・・・・・・・・ ウィリアム・フットキンス
 カール・グリソム役・・・・・・・・・・・・・ ジャック・パランス
 その他
監督:ティム・バートン
公開:1989年・アメリカ映画
内容:悪が悪を生むゴッサム・シティ。だが、誰かが助けを求めれば、正義の味方バットマンが駆けつけるのだ。宿敵の名はジョーカー。白面に不敵なスマイルを浮かべる、恐るべき悪知恵の持ち主だ。その正邪激突の日がついにやって来た。


バットマン2
バットマンシリーズで一番最悪な悪役ジョーカー。
他シリーズの悪役はどこか同情してしまうようなエピソードがあっての変貌だったりするんだけど、このジョーカーだけはしんそこ悪役だよね。同情の余地なし。
バットマン自身の暗い過去もあったり、夜のシーンばかりってのもあって、全体的に暗いイメージだねぇ。
しかも時代的にまだCGが発達してないから変に手作り感があって、余計に不気味な感じがでていて良いですね。
見てCGとわかる映像よりもリアルで説得力あるよ。
これもこれでティムバートンらしさが出ていて好きだなぁ。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

インビジブル

インビジブル

インビジブル DVD
鑑賞:TV放送・字幕
満足度:★★☆☆☆

出演
 セバスチャン・ケイン役・・・・・・・・・・ケヴィン・ベーコン
 リンダ・マッケイ役・・・・・・・・・・・・・ エリザベス・シュー
 マット/マシュー・ケンジントン役・・・ジョシュ・ブローリン
 サラ・ケネディ役・・・・・・・・・・・・・・ キム・ディケンズ
 フランク・チェイス役・・・・・・・・・・・・ ジョーイ・スロトニック
 ジャニス・ウォルトン役・・・・・・・・・・メアリー・ランドル
 カーター・アビー役・・・・・・・・・・・・・グレッグ・グランバーグ
 その他
監督:ポール・バーホーベン
公開:2000年・アメリカ映画
内容:天才科学者であるセバスチャンは、国家の極秘プロジェクトとして生物の透明化と復元の研究を行っていた。透明化は問題無く成功させ、束の間の透明人間を楽しんでいたが、いざ復元となった段階で失敗してしまい、再度透明人間へと戻ってしまう。やがて元に戻れない状態に苛立ちを募らせ始めた彼は、透明人間であることを悪用し、犯罪行為に走るが、遂にはこの事を国家に報告すると言い出した仲間を研究室に閉じ込めて次々に殺害し始める。


インビジブル2
透明人間はこれまで映画の中でたまに脇役的に出てきたりで、今更おどろくような題材ではないけれど、真っ向から透明人間の話っていうのは、思い出してみると初めてw
しかも現代版で多少のリアルさと説得力を加えてるのは良かったですね。
やっぱり透明人間になったらやってみたいことって・・・・世界共通なんですねw
ストーリーはともかくとして、映像処理がとても凝っていて透明なのに見える演出が抜群でした。
主役以外は大破・・・っていう終わり方もアメリカらしいと言えばアメリカらしいw

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

デンジャラス・ビューティー2

デンジャラスビューティー2

デンジャラス・ビューティー2 DVD
デンジャラス・ビューティー2 オフィシャルサイト
(壁紙○ スクリーンセーバー○ その他 アイコン・ポスター有り)
鑑賞:TV放送・字幕
満足度:★★★☆☆

出演
 グレイシー・ハート役・・・サンドラ・ブロック
 サム・フラー役・・・・・・・ レジーナ・キング
 スタン・フィールズ役・・・ウィリアム・シャトナー
 シェリル役・・・・・・・・・・ヘザー・バーンズ
 マクドナルド役・・・・・・・アーニー・ハドソン
 ジョエル役・・・・・・・・・・ディードリック・ベーダー
 ジェフ・フォアマン役・・・エンリケ・ムルシアーノ
 コリンズ役・・・・・・・・・・トリート・ウィリアムズ
 ジャネット役・・・・・・・・・エリザベス・ローム
 その他
監督:ジョン・パスキン
公開:2005年・アメリカ映画
内容:爆破予告の標的にされたミス・アメリカ・コンテストに潜り込み、みごと事件を解決したFBI捜査官グレイシー。以来すっかり有名になった彼女は、しかしそのために本来の潜入捜査に支障を来すようになり、結局FBIの顔としてPR活動に従事するよう命じられてしまう。10ヶ月後、美しく変身し、テレビ出演や自伝の出版と忙しく活躍するグレイシー。そんな彼女のもとにある日、親友のミス・アメリカがラスベガスで何者かに誘拐されたとの情報が入る。じっとしていられないグレイシーは、彼女に敵意剥き出しの新パートナー、サムを巻き込み、独自の捜査を開始するが…。


デンジャラスビューティー23
娯楽映画の続編というと大抵失敗に終わるけれど、この作品はむしろ続編の方が面白いぐらいですね。
グレイシーも前より垢抜けてはいるものの、胸パッドずれまくりで大暴れしてるシーンはたまらないです。
時を経て垢抜けたグレイシーが、まるで過去の自分をみているようなサムという大事な役位置なわりに、レジーナ・キングの演技がいまいちで、もう少し頑張ってほしかったですね。
ティナをやらせるためだけの人選か?w
今後もグレイシーもこんな感じでやっていくのかなぁ・・・・?
明らかに1の時とグレイシーのキャラ違っていますけど、まぁいたしかたないw

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

デンジャラス・ビューティー

デンジャラスビューティー

デンジャラス・ビューティー DVD
鑑賞:TV放送・字幕
満足度:★★★☆☆

出演
 グレイシー・ハート役・・・・・・・・・ サンドラ・ブロック
 ヴィクター・メリング役・・・・・・・・・マイケル・ケイン
 エリック・マシューズ役・・・・・・・・ベンジャミン・ブラット
 スタン・フィールズ役・・・・・・・・・・ウィリアム・シャトナー
 ハリー・マクドナルド役・・・・・・・・ アーニー・ハドソン
 キャシー・モーニングサイド役・・・キャンディス・バーゲン
 クロンスキー役・・・・・・・・・・・・・・ジョン・ディレスタ
 シェリル役・・・・・・・・・・・・・・・・・ へザー・バーンズ
 その他
監督:ドナルド・ペトリ
公開:2001年・アメリカ映画
内容:FBI捜査官グレイシー・ハートは男勝りで、皮肉屋で、女性らしいおしゃれにも全く関心がなく野暮ったい風貌。孤独な独身生活を送っている。とある美人コンテスト宛てに連続爆弾魔から爆発予告が届き、グレイシーがミス・アメリカ候補の1人として潜入捜査することに。何度も優勝者を生み出しているヴィクター・メリング率いる優秀な美容チームの協力のもとで、見事ミス・ニュージャージーに変身した彼女が戸惑いながらも事件解決に活躍する。


デンジャラスビューティー2
シンデレラストーリ系だけど一風変わった攻め方とシンデレラに成りきれてないさまが面白い。
この手の映画は見も心もどころか、キャラまで変わってしまうパターンだけれど、グレイシーはキャラそのままっていうのがいいですね。
シンデレラストーリーで刑事物でコメディでと娯楽映画の要素込めすぎな気もするけど、まぁはずしてないし王道でそれなりに楽しめると思う。
サンドラブラックの体をはった演技も素晴らしかったです。
それにしてもミスアメリカ・・・・あんなにレベル低くて大丈夫ですか??

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

運命の女

運命の女

運命の女 DVD
運命の女 オフィシャルサイト
(壁紙× スクリーンセーバー×)
鑑賞:TV放送・吹替え
満足度:★★☆☆☆

出演
 コニー・サムナー役・・・ ・・ ダイアン・レイン
 エドワード・サムナー役・・・リチャード・ギア
 ポール・マーテル役・・・・・ オリヴィエ・マルティネス
 チャーリー・サムナー役・・・エリック・パー・サリヴァン
 ビル・ストーン役・・・・・・・・ チャド・ロウ
 トレーシー役・・・・・・・・・・・ケイト・バートン
 フランク・ウィルソン役・・・・ ドミニク・チアニーズ
 サリー役・・・・・・・・・・・・・ マーガレット・コリン
 その他
監督:エイドリアン・ライン
公開:2003年・アメリカ映画
内容:NY郊外で暮らすサムナー(リチャード・ギア)一家は、平凡だが幸せな毎日を送っていた。しかし、妻のコニー(ダイアン・レイン)が強風の日に出会った若者ポール(オリヴィエ・マルティネス)と不倫の関係を持つようになってから、平穏な暮らしの歯車が壊れていく…。


運命の女2
妻の浮気から始まる事件かと思いきや、妻が浮気にはしるまでのエピソードが長かったなぁ。
しかももっと情熱的にとか、刹那的に描いてくれれば良かったものを、ただ単に欲におぼれただけで、妻には何の感情移入も出来ないよ。
あえてそうしたのかもしれないけどね。
それを知った夫が逆上して・・・・っていうあの展開はストーリーとしてはなりがちだし、それで罪人となってしまうのは夫があまりに不憫だよ。
これも教訓的になのかな?
それにしても夫が浮気する物語は、明るかったり面白く描かれていたり、情熱的だったりで悪く描かれることも少ないし、最終的には妻がそれをゆるしハッピーエンドみたいな展開になることも少なくはないんだけど、女側の浮気はたいてい悲惨な結果に終わるってのは、性差別ではなくて何というのか?
男の浮気は解消
女の浮気は裏切り行為
いつの時代もどこの国でも同じみたいね。
どっちでもいいけど、浮気はいかんよ。
つい出来心が招いた不幸。教訓の映画だね。
あの結末にはどうにも納得いかないけど・・・・。

★MOVIESHELF紹介映画一覧
★TSUTAYAで借りる
★ブックオフで探す
↓映画サイト・映画ブログはこちら
ランキングボタン

↓共感したらワンクリックプリーズ

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。